深夜のみ フクロウバス 9つの路線

最新情報

ソウル市は、過去3ヶ月間の試験運行した2つのルート深夜専用バスが22万人もの利用に十分な市民に高い呼応を得て、市民88 %が深夜バス拡大の要求を見せているに応じて、ソウル市は、既存の2つのルートの7つの路線を追加して、合計9つの路線に拡大して運営することにしました。  特に、ソウル市は12日以降運行される深夜専用バス固有のブランド名を「フクロウバス」に決まっバス前面、側面部はもちろん、 LED電光掲示板やバスの内部では、バスの路線図に多様に活用することで、夜遅くまで、市民が気楽で身近に利用するできるように助ける予定です。  [既存の2つのルートに追加された7つの路線の深夜専用バス] 新たに追加されたルートは、深夜の時間流動人口が多い地域を中心に開設されたもの ▴N13番(上渓洞〜松車庫) ▴N16番(道峰山車庫〜オンスドン) ▴N61番(泉車庫〜蘆原駅) ▴N62番(泉車庫〜面牧洞) ▴N10番(牛耳洞〜ソウル駅) ▴N30番(江東車庫〜ソウル駅) ▴N40番(オャーゥーー〜ソウル駅)です。 既存の江西〜浪を行き来する「 N26 」と恩平〜松を行き来する「 N37 」路線のまま動作します。

   

既存の試験運行路線と同様に路線番号の「 N 」は、深夜( Late Night )を意味し、 2桁の数字は、出発 - 到着圏域を意味します。つまり、 N16番1圏域(道峰区)で6圏域(九老区)の間、 N30度は3地域(江東区)で0圏域(中区)間を運行する路線であることを意味するものです。 特に今回追加された7つの路線は、 30億件の通話量のデータをビッグデータとして活用して、江南弘大東大門。新林。鍾路など、実際の深夜時間帯の流動人口が集中していることを考慮して確定したのが特徴です。   [ソウル駅、東大門、鍾路、江南駅から環状可能。料金1,850円(交通カード基準) ]   ソウル深夜専用バスは鍾路、光化門を中心軸に9つの市の郊外を結ぶ放射状のネットワークで構築して、地域別のバランスを合わせた、長いルートは、両方の車庫で同時出発するようにして方向別配車時間の空白を最小化し、ソウル駅。東大門。鍾路。江南駅などの路線が出会う場所では乗り換えも可能です。   試験運用期間中に1,050円が適用された料金は、 12日(木)からは、広域バスの料金水準である1,850円(カード基準)が適用され、到着時刻と運行情報をモバイルウェブやアプリ、インターネットのホームページなどを通じてリアルタイムで確認することができます。 また、深夜に運行をしているだけに、市民の安全に万全を期してすべての車両に速度超過防止装置と隔壁を設置し、運転者が昼間他の業務に従事しないように処遇を改善しました。  

[ソウル深夜専用バス(フクロウバス)の誕生と運行についての詳細ガイド

 

1。追加の7つの路線、街の中心放射状ネットワークの構築...ビッグデータ活用のルート最適化   新たに追加された7つの路線は、最新のビッグデータを活用して、実需を予測し、街の江南を中心に市内を横切る放射型のネットワークで構築して、地域別のバランスを合わせたのが特徴で、ビッグデータは、今年3月の1か月の間真夜中〜 05時まで使用された民間の通信事業者KTの通話量データ30億件に活用しました。   ビッグデータを分析した結果、深夜の時間帯江南弘大東大門。新林。鍾路などの流動人口が集中していることが分かり、時価当初計画した6つの路線の一部運行区間を調整したものです。   たとえば、「南部循環路」と「同じように」を経由することを計画していたN61番、深夜の時間帯に南部ターミナル駅、建大入口駅近くの「ヒョとして」および「アクティブに」に流動人口が多いことが分かり、路線を変更するして、 「奨忠団へ」を経過することにしたN13度も「東湖へ」を経由するように調整しました。 N30度当初海上日動道·千戸ように高徳に·洋裁ように(ゴドクヨク·曲がった足の逆)で、 N40番シンバンポから四平通りで変更して高速ターミナル駅のアクセシビリティを強化しました。

 

2。ソウル駅。東大門。鍾路。江南駅で乗り換え可能、長いルート配車時間の空白最小限に抑える   深夜専用バスは、各路線ごとの乗り換えが可能です。ソウル駅から3つのルート( N10.N30.N40 )が経由して、東大門では、 5つの路線( N10.N13.N16.N26.N30 ) 、鍾路(チョンノ)の3つの路線( N10.N26.N37 ) 、江南駅3路線( N13.N37.N61 )が停車して、事前に路線別の運行時間を確認して乗り換えとなります。   配車間隔は平均40 〜 45分に路線が長い▴N13 (相殺〜ソンパ) ▴N16 (道峰山〜湯) ▴N61 (泉〜蘆原) ▴N62 (泉〜面目)の4つの路線は毎日深夜両方の車庫で同時出発するようにして方向別配車時間の空白を最小化しました。   比較的路線が短い▴N10 (憂〜ソウル駅) ▴N30 (江東〜ソウル駅) ▴N40 (オャーゥーー〜ソウル駅)は、それぞれの車庫から出発し、ソウル駅で回送する方式で運行されます。   ソウル市の「フクロウバス」 (深夜専用バス)を利用しようとする市民は、ホームページやスマートポンエプなどを介して移動しようとする時間帯や停留所の位置を事前に確認しておく長い時間バスを待つか、または逃す不快感を経験しないことがあります。   深夜専用バスの到着時刻と運行情報は、各バス停ごとに設置された到着案内端末( BIT )と交通情報センターモバイルWeb ( http://m.bus.go.kr ) 、 「ソウル交通ポータル」アプリ、インターネットホームページ( http://topis.seoul.go.kr )などを通じて確認することができます。

3。市民公募で「フクロウバス」のブランド名確定、キャラクター開発のバスと停留所を活用   深夜専用バス独自のブランド名の「フクロウバス」は、去る6月、市民公募で選定したもので、真っ暗な夜、大きな目を点滅し、周りを見て回るフクロウのように市民の遅い帰宅を支援する細心のバスという意味を持っています。   ソウル市はフクロウがバスを運行している姿を形象化したキャラクターも開発しており、フクロウのキャラクターは、暗い夜、遠くからも一目で分かりやすくするために、バスのフロント。側面LED電光掲示板の路線番号と一緒に表示され、他の市民が一般バスと区別できるように、バスの内部および停留所の路線図にも活用されます。   ソウル市は今後、「フクロウバス」のキャラクターを多様に活用して公共交通機関が24時間行き交う活気のあるソウルを象徴するブランドとしての地位を確立させる計画です。

 

4。スピード違反の防止装置。隔壁設置、運転、昼間他の業務従事しないように処遇改善   ソウル市は、市民が深夜専用バスを安心して利用できるように安全性の強化にも注力しました。 まず、すべての車両に速度超過防止装置(70km / h以下)を装着し、運輸従事者が飲酒者等からの被害を被ることがないように運転席に隔壁を設置し、万一に備えて、警察の協力を得て運行路線と近いところにある警察署との緊急連絡体制を構築しました。   また、深夜バスが担当運行する運輸従事者を別途採用して給与を当初月175万ウォンから214万ウォンに引き上げて処遇の安定を図るたし、深夜バスに一定期間誠実に従事した場合、週間バスで優先的に転換する案も検討中です。   深夜バス運行会社につきましては、深夜運行に伴う別途整備スタッフ、管理職の配置などの企業の負担が一部発生しており、一定の部分に発生し、利益につきましてはメーカーに返す案も推進しています。

 

5。警察の協力を受ける深夜代理運転手の相手不法マイカー路線バスの集中取り締まり   ソウル市は深夜専用バス本格運行と一緒に不法路線バスの運行を根絶し、人の警察の協力を得て、江南駅をはじめ市内のあちこちで、暗黙のうちに運行されている違法自家用車路線バスを集中的に取り締まる予定です。   先立ってソウル市は、松坡(ソンパ)警察署と合同で深夜時間帯江南駅周辺で自家用乗用車を利用して代理運転手を相手に一定の運賃を受けて不法路線バスの営業をしてきた車両の運転者とブローカー( 57人)を摘発したことがあります。   旅客自動車運輸事業法第81条82条では「自家用自動車を有償で運行したり、ルートを精彩運行してはならない」と定めており、これを破った場合には、同法第90条により、2年以下の懲役又は2千万ウォン以下の罰金に処することを規定しています。

 

6。試験運行の3ヶ月累積の22万、日平均2千1百...市民88% 「拡大望んでいる」   ソウル市が試験運行の内容を分析した結果、運行を始めた'13年4月19日(金)から7月31日(水)までに約3ヶ月間N26とN37 、 2つの路線に一日平均2,098人、総21万8,212人が利用したことで現われた、江西〜浪を行き来する「 N26 」と恩平〜松を行き来する「 N37 」の試験運行路線の中には「 N26 」が累積利用人員は12万1,127人を記録し、 N37度より24.8 % ( 24,072人)でした。   時間帯別では、 ▴ 01 〜 02時29.3 % ( 6万3,900人) ▴ 02 〜 03時28.6 % ( 6万2,378人)で01 〜 03時までの間に、乗客の60 %が集中して、非常に遅い深夜の時間帯である▴ 03 〜 04時の22.1 % ( 4万8,252人)が利用しました。   曜日別には、土曜日が18.1 %で最も多く、金曜日( 15.8 % ) >木曜日( 15.4 % ) >水曜日( 14.4 % )の順で続いた。

 

深夜バスの利用客  深夜専用バスは、今年上半期の「ソウル市を輝かせた10大政策「市民投票の結果、 2位に選ばれ、韓国観光公社の「夏の夜の外出コース」で推奨されるなど、夜行バスの予約なども市民から大きな関心と人気を得ています。 ソウル市は深夜の時間帯に運行されるように、市民の安全を最優先に運営する計画で、今後継続的に監視して路線をはじめとする運行全般を補完していく方針です。